収入証明不要でキャッシングする方法!書類提出なしの条件とは?

収入証明不要でキャッシングする方法!書類提出なしの条件とは?

カードローンの申込をする際は、いくつか必要書類を用意しなくてはなりません。みなさんの中には、本人確認書類だけ用意すればいいと思っている人もいるかもしれませんね。

条件次第では、本人確認書類の他に『収入証明書類』を提出しなければならないケースもあります。反対に収入証明不要になるケースもあります。

収入証明書類は、本人確認書類と違ってすぐに用意できないこともあります。できれば、収入証明不要でキャッシングしたいところですね。

そこで今回は、以下のようなことについてお話していきたいと思います。

  • 収入証明不要になる条件
  • 収入証明書類に該当する書類
  • 収入証明不要の消費者金融

収入証明不要になる条件

現金を手渡し

まず収入証明不要になる条件とは、どういった条件なのでしょうか。基本的にどこのカードローンも、収入証明不要になる条件は同じです。その条件は、次の通りです。

収入証明不要になる条件
希望借入額が50万円を超えない場合
希望借入額と他社利用残高の合計が100万円を超えない場合

希望借入額が50万円を超える場合は、収入証明書類を提出しなければなりません。

希望借入額が高額になると、その分審査が厳しくなります。そのため、本人確認書類の他にも追加で書類を提出する必要が出てくるわけです。

また希望借入額が50万円以下でも、その希望借入額と他社利用残高の合計が100万円を超える場合は、収入証明書類の提出が必要になります。

少額融資希望なら収入証明不要になるケースがほとんど

初めてカードローンを利用する方で、希望借入額が50万円以下であれば、基本的に収入証明不要でキャッシングすることができるでしょう。

また少額融資希望であれば、無利息サービスを利用できる大手消費者金融がおすすめです。少額融資で短期返済が可能なら、利息0円で借入できるかもしれません。

収入証明不要で利用できる消費者金融や無利息サービスのある消費者金融については、後ほどまとめてご紹介していきます。

収入証明書類に該当する書類

書類に書き込む

念のため、収入証明書類の提出が必要な場合に備えて、どういった書類が収入証明書類に該当するのか紹介しておきたいと思います。

▼プロミスの場合の収入証明書類の種類

収入証明書類に該当する書類
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

パート・アルバイトの方など賞与がない場合は、直近2ヶ月の給与明細書があれば大丈夫です。上記のいずれか1点を用意すれば問題ありません。

マイナンバーが記載された収入証明書類を提出する場合は注意

人によっては、個人番号(マイナンバー)が記載された収入証明書類を提出する可能性もあるかと思います。その際は、注意が必要です。

その注意点としては、個人番号(マイナンバー)が記載されている箇所を見えないように加工してから提出するようにしてください。

収入証明不要の消費者金融

MacBook

収入証明不要でキャッシングできる消費者金融の中で、おすすめの会社を紹介していきたいと思います。おすすめは、以下の大手消費者金融3社です。

消費者金融 金利 利用限度額
プロミス 年4.5%~年17.8% 1万円~500万円
アコム 年3.0%~年18.0% 1万円~800万円
アイフル 年4.5%~年18.0% 1,000円~500万円

SMBCモビットに関しては、基本的に本人確認書類と収入証明書類の提出が求められます。

それぞれ収入証明不要になる条件や収入証明書類の種類に違いがありますので、きちんと確認した上で申込するようにしましょう。

プロミス

収入証明書類が
必要になる条件
・希望借入額が50万円を超える場合
・希望借入額と他社利用残高の合計が100万円を超える場合
収入証明書類の種類 以下いずれか1点(写し)
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
備考 賞与がない場合は直近2ヶ月の給与明細書
無利息サービス 有(初回借入日の翌日から30日間)

プロミス

アコム

収入証明書類が
必要になる条件
・希望借入額が50万円を超える場合
・希望借入額と他社利用残高の合計が100万円を超える場合
・既にご提出済みの収入証明書が3年以上経過している場合
収入証明書類の種類 以下いずれか1点(写し)
・源泉徴収票(最新のもの)
・給与明細書(直近1ヶ月)
・市民税・県民税額決定通知書(最新のもの)
・所得証明書(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・青色申告書(最新のもの)
・収支内訳書(最新のもの)
備考 入社が前年1月以降の場合は、原則直近の給与明細書2ヶ月分の提出が必要。
無利息サービス 有(契約日の翌日から30日間)

アイフル

収入証明書類が
必要になる条件
・希望借入額が50万円を超える場合
・希望借入額と他社利用残高の合計が100万円を超える場合
・就業状況の確認等、審査の過程で提出が必要な場合
収入証明書類の種類 以下いずれか1点(写し)
・源泉徴収票(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月)
・住民税決定通知書(最新のもの)
・納税通知書(最新のもの)
・所得証明書(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・青色申告決算書(最新のもの)
・収支内訳書(最新のもの)
・支払調書(最新のもの)
・年金証書、年金通知書(最新のもの)
備考 ①給与明細書は、直近2ヶ月分必要。なお、地方税(住民税)の記載がある場合、直近1ヶ月のみで可となる場合もあります。
②「発行年月」「氏名」「勤務先名」「総支給額」が明記されていない場合や手書き部分がある場合は、勤務先の社印もしくは社判が必要。
無利息サービス 有(契約日の翌日から30日間)

【まとめ】収入証明不要でキャッシングするなら50万円まで

気だるそうに電話する男性

プロミスアコムアイフルでは、収入証明不要でキャッシングすることができます。しかし収入証明書類が必要になる条件がありますので注意しましょう。

基本的には、希望借入額50万円を超えると収入証明書類が必要になります。また希望借入額と他社利用残高の合計が100万円を超える場合も必要です。

他社から借入していない場合は、50万円以下の借入であれば収入証明不要で利用できることになります。

また先ほど紹介したプロミス・アコム・アイフルの3社は、最大30日間の無利息サービスも利用できます。初めてで50万円以下の少額借入希望の方にはおすすめです。

特にプロミスは、無利息サービスの適用期間が初回借入日の翌日から30日間なので契約後いつ借入しても30日間無利息で利用することができます。

カードローン審査カテゴリの最新記事