返済負担を軽減したいならおまとめローンの審査に申込しよう!

返済負担を軽減したいならおまとめローンの審査に申込しよう!

今回は、おまとめローンについてお話していきます。おまとめローンは、複数の借入先からキャッシングをしている人におすすめのローン商品です。

返済日などの管理が大変という人や利息を抑えたいという人は、おまとめローンの利用を検討しましょう。

おまとめローンの特徴やメリット・デメリット、またおまとめローンを取り扱っているおすすめのカードローン会社を紹介していきたいと思います。

借入先が複数ある人はおまとめローンで一本化しよう!

一本化

カードローンは、いざという時に備えて契約しておくと非常に便利なサービスです。しかし上手に使わないと、返済が大変になってしまうことがあります。

自分でも思った以上に返済が大変だった場合、返済をするために別会社で借金して、そのお金を返済にあてるなんてことを繰り返してしまいます。

その結果、気づけば何社からも借入することになり、もっと返済負担が大きくなってしまうのです。借入先が複数社あるといろいろ面倒な問題が出てきます。

例えば……。

  • 利息が余計にかかる
  • 返済日の管理が大変
  • ローンカードがかさばる

こういったことがあるわけですね。うっかり返済日を忘れてしまうと信用情報機関などに遅延した記録が残ってしまうので注意が必要です。

いっそのこと借入先を1つに絞ることができたらなぁと思いますよね。それを実現してくれるのが、おまとめローンというローン商品なのです。

おまとめローンで返済負担を軽減しよう!

おまとめローンは、複数の借入先を一本化することができるローン商品なので、先ほど挙げたような問題を解決してくれます。

複数社に支払っていた利息も1社のみで済みますし、返済日も1つにまとめることができます。さらには、ローンカードを何枚も持つ必要がありません。

◆利息を抑えることができる

複数社から借入していると、それぞれの会社に利息を支払わなければなりません。例えば、A社・B社・C社からそれぞれ金利年18.0%で50万円ずつ借入していたとします。

この場合30日間の利息は、1社あたり7,397円です。つまり3社の利息合計は、22,191円です。これを1社にまとめるとどうなるでしょうか?

D社のおまとめローンを利用する場合は、150万円を借入して3社の返済にあてます。1社にまとめたことで利用限度額が上がるので、その分金利が低く設定されます。

例えば、年15.0%になったとしましょう。この場合30日間の利息は、18,493円になります。つまり、おまとめローンによって、3,698円分の利息を削減することができるのです。

◆返済日が1つにすることができる

返済日は、利用するカードローン会社によって異なります。そのため、A社は毎月5日、B社は毎月15日、C社は毎月25日が返済日なんてこともあるわけです。

月初に入ってA社の返済を終えても、月半ばにB社の返済日が来ますし、月末が近づくと今度はC社の返済日があります。そして月初に入ると……。

このように1ヶ月の間、常に返済に追われることになり、かなり精神的な負担が大きくなってしまいます。

しかしおまとめローンを利用すれば、借入先は1社だけになりますので、返済日も1つにすることができます。返済日に追われる精神的負担が軽減されるはずです。

またうっかり返済日を忘れてしまったなんてこともなくなるでしょう。おまとめローンで一本化すれば、非常に管理しやすくなるのでおすすめですよ。

おまとめローンを利用する時は返済回数が伸びないように注意

頭を抱える男性

これまでのおまとめローンの説明を読んでもらえば、おまとめローンのメリットがわかるかと思います。しかしおまとめローンを利用する時は、注意も必要です。

例えば、返済回数が伸びないように気をつけなければなりません。せっかく金利を抑えることができても、返済回数が伸びると返済総額が高くなるかもしれません。

なぜかというと返済回数が伸びるほど、その期間中利息が発生し続けるからです。可能であれば、できるだけ返済期間は短く収めるようにすることをおすすめします。

利用するおまとめローンをきちんと選定する

おまとめローンは、消費者金融や銀行など、さまざまな金融機関が取り扱っています。借入先を一本化できるならどこでも良いわけではなく、きちんと選定することが大切です。

おまとめローンは、基本的に今利用しているカードローンよりも金利を引き下げることが可能ですが、利用する金融機関によって設定されている金利が異なります。

せっかく借入先を一本にまとめるなら、できるだけ低金利で融資してくれそうなところを選びましょう。またきちんとおまとめできるか、利用限度額にも注意が必要です。

おまとめローンを利用するならどこがおすすめ?

ティータイムの男性

では、おまとめローンを利用するなら、どの金融機関に審査の申込をするのが良いのでしょうか? 今回おすすめするのは、次の3社です。

消費者金融 金利 利用限度額
プロミス 年6.3%~年17.8% 300万円まで
アコム 年7.7%~年18.0% 1万円~300万円
アイフル 年12.0%~年15.0% 1万円~500万円

大手消費者金融ですのでサービスもしっかりしており、安全・安心で利用できます。また審査もスピーディーで即日融資にも対応しています。

利用限度額10万円以上100万円未満ならアイフルがおすすめ

利用限度額が10万円以上100万円未満なら、アイフルのおまとめローンがおすすめです。利息制限法を見るとアイフルをおすすめする理由がわかります。

利息制限法とは?
元本の額が10万円未満の場合 年20.0%
元本の額が10万円以上100万円未満の場合 年18.0%
元本の額が100万円以上の場合 年15.0%

利息制限法は、利用限度額に応じて定められている金利のことを言います。これを超える金利を設定することは禁止されています。

10万円以上100万円未満の借入をする場合、上限でプロミスなら年17.8%アコムなら年18.0%の金利が適用されますが、アイフルなら年15.0%となります。

もちろんおまとめローン利用後の借入額がいくらになるかによって、適用金利は異なってきますが、上限金利だけを見るとアイフルが一番低金利になる可能性が高いです。

ただ利用限度額300万円だった場合は、下限金利が一番低いプロミスがお得になるかもしれません。実際の金利や利用限度額は、審査によって決定されます。

【まとめ】おまとめローンを契約して返済負担を減らそう

空に手を伸ばす

おまとめローンは、複数の借入先を1社にまとめることができるローン商品のことを言います。一本化することで利息や返済日も1つにまとめることができます。

利息がかさばることで返済総額が増えるのを防止するだけでなく、複数回来る返済日の管理もしやすくなります。『月に何度も返済日が来る』という精神的負担も軽減できます。

ただおまとめローンを利用する時は、返済回数に気をつけないとせっかく利息が下がったのに返済総額は増えてしまうこともあります。

毎月、滞りなく返済できる金額で問題ありませんが、極力早く完済することを目指して、余裕のある月は多めに返すなどしていくと良いでしょう。

カードローン審査カテゴリの最新記事