在籍確認なしでキャッシング利用できる消費者金融会社はどこ?

在籍確認なしでキャッシング利用できる消費者金融会社はどこ?

カードローンを利用する場合、審査の過程で『在籍確認』が行われます。在籍確認とは、申込者の勤務先に電話をかけて、本当にその職場で働いているのか確認することです。

在籍確認が取れたら、問題なくキャッシングすることができます。しかし場合によっては、在籍確認が取れないケースもあるわけです。

また会社に在籍確認の電話がかかってくるのを避けたい人もいれば、社内の人にはカードローン利用をバレたくないという人もいると思います。

そういった人は、やはり在籍確認なしのカードローン会社を利用したいところですね。実際、在籍確認なしのカードローン会社なんて存在するのでしょうか?

基本的に在籍確認なしのカードローン会社はない

メモを取っている人

在籍確認なしのカードローン会社はあるのかどうかという問題についてですが、基本的に在籍確認はどこのカードローン会社も行います。

特に銀行カードローンは審査が厳しいので、在籍確認なしの銀行カードローンはないと言えるでしょう。可能性があるなら、消費者金融だと思います。

それも中小消費者金融など、比較的柔軟な審査を行なってくれるところです。しかし審査や条件次第では、大手消費者金融でも在籍確認なしで利用できるかもしれません。

在籍確認なしで大手消費者金融を利用する方法は、後ほど紹介していくとして、そもそもなぜ在籍確認を行う必要があるのか考えてみましょう。

そもそもなぜカードローン会社は在籍確認を行うの?

消費者金融や銀行といった金融機関は、カードローンの審査で重要視しているポイントがあります。そのポイントは、『安定継続収入があること(=返済能力があること)』です。

やはり金融機関にとっては、しっかりと返済してくれる人にしか貸付したくありません。そのため、安定継続収入があるかどうかを申込条件にしているところがほとんどです。

安定継続収入の有無は、申込時に記入した勤務先情報を元に確認していきます。会社名や職種・業種、雇用形態、役職、勤続年数といった情報を元に審査し判断していきます。

しかし人によっては、審査に通過するために嘘の情報を入力する人がいるわけですね。実際は中小の無名企業に属しているのに、申込内容には大手企業名を記入したとします。

これを確認するためには、実際にその大手企業に電話して申込者が在籍しているか確認する必要があります。ここで在籍確認が取れなければ、審査落ちする可能性が高くなります。

運が良ければ、利用限度額を引き下げての契約となるでしょう。いずれにしても『虚偽の情報を記入』したことで、信用度が下がっていることを覚えておいてください。

在籍確認なしで大手消費者金融を利用する方法

スマホで電話中の女性

前提として、在籍確認は必ず行われるものだという認識を持っておいてください。しかしどうしても在籍確認なしで利用したいという人は、次のことを試してみましょう。

  • 申込完了後に電話相談してみる
  • 在籍確認書類を提出する

実は、一部の消費者金融では、現在勤務している会社の社員証健康保険証給与明細といった書類を提出することで、在籍確認としてくれるケースがあります。

書類での在籍確認が取れる消費者金融
プロミス
SMBCモビット
アコム
アイフル

上記のような大手消費者金融であれば、在籍確認書類を提出することで在籍確認としてくれることもあるようなので、申込完了後に電話で相談してみてはいかがでしょうか。

在籍確認書類を提出する際の注意点

在籍確認書類を提出する際は、まず申込完了後に消費者金融へ電話して相談するようにしましょう。そこで書類での在籍確認が可能かどうか、また提出方法などを聞きましょう。

提出方法としては、郵送FAXなどがありますが、スマホのカメラで撮影してメールや専用フォームから送信して提出する方法が最も手軽です。

撮影した書類の画像のピントが合っていなかったり、見切れていたりする場合は、撮り直しや送り直しが必要になり、タイムロスとなってしまうので気をつけましょう。

またこの方法で在籍確認を行なってもらう場合は、かなり厳しく見られることになるのでピンボケなどは絶対に避けるようにしてください。

問題なく在籍確認してもらえれば、会社に電話連絡が来ることはありません。もちろん会社にカードローン利用がバレる心配もありません。

どうしても勤務先にカードローン利用をバレたくないという場合は、この方法で在籍確認を行なってくれる消費者金融を選びましょう。

もちろん電話連絡で在籍確認を取るのが理想的です。基本的に業者名で電話をかけてくることはありません。極力カードローン会社だとバレないように配慮してくれます。

書類で在籍確認を行うことのメリット・デメリット

スマホとPCとメモ帳

書類で在籍確認を行うことには、メリット・デメリットがあります。どういったメリット・デメリットがあるのかというと下記のようなことが挙げられます。

書類で在籍確認を行うメリット
土日など会社の休業日でも在籍確認が取れる
会社の人にカードローン利用がバレにくい
書類で在籍確認を行うデメリット
在籍確認の取れる書類を準備する手間がかかる
そもそも書類で在籍確認が取れない場合がある

書類で在籍確認を行うメリット

書類で在籍確認を取るメリットとしては、土日など会社が休みの時でも在籍確認を行うことができます。土日に急ぎで借入したい人でも、その日中にキャッシングできるのです。

そして直接、会社に連絡がいくわけではありませんから、同僚や上司にカードローン利用がバレる心配もありません。

書類で在籍確認を行うデメリット

在籍確認が取れる書類を準備しなければなりません。会社の社員証や健康保険証、給与明細などを準備して撮影し提出するという余計な手間がかかるのは確かです。

また場合によっては、そもそも書類での在籍確認が行えないケースもあります。例えば、高額融資を希望する場合は、審査が厳しくなりきちんと電話で在籍確認を行います。

特に収入証明書類が必要になる“借入希望額50万円”は、1つのラインだと思います。書類での在籍確認は、少額融資の場合のみ対応してくれるということを覚えておきましょう。

電話での在籍確認はそんなに問題があるの?

電話するスーツの男性

会社にカードローン利用をバレたくないということで、勤務先への在籍確認電話を嫌がる人が多いです。しかし実際のところ、電話での在籍確認はそんな問題があるのでしょうか?

消費者金融などは、在籍確認の電話をかける時にできるだけカードローン会社だとわからないように配慮してくれます。

例えば、業者名で電話をかけてくることはありません。基本的には、在籍確認の担当スタッフが個人名でかけてきてくれます。

まぁ職場に社名を名乗らず個人名で電話をかけてくることは、怪しいといえば怪しいですよね。電話を取った従業員の中には、そういった不信感を抱く人もいるかもしれません。

しかしながら、その電話での在籍確認方法というのは、いたって簡易的でスピーディーに完了してしまいます。

在籍確認の流れ

消費者金融:◯◯(個人名)と申しますが、△△(申込者)さんはいらっしゃいますか?

事務員:◯◯は、ただいま席を外しております。(◯◯は外出中です。)

このように申込者が在籍しているとわかれば、それで在籍確認はOKとなります。ただ稀にややこしい言い回しをする人もいます。

例えば『◯◯は現在おりません』など、退職を匂わすような言い方をしてしまうと、在籍確認が取れなかったと判断されてしまうケースもあるようです。

【まとめ】在籍確認なしのカードローン会社はない

スマホで電話する美人

在籍確認なしでキャッシング利用できる金融機関はありません。しかし在籍確認のための電話連絡なしのところはあるようです。

そういった意味での在籍確認なしの大手消費者金融としては、以下のようなところになります。申込完了後に電話で相談してみると良いでしょう。

消費者金融 書類での在籍確認
プロミス
SMBCモビット
アコム
アイフル

審査に申込する大手消費者金融によっては、書類で在籍確認してもらえないケースもあるようです。『◯』の消費者金融であれば、電話連絡なしで借入できる可能性が高いです。

プロミス

カードローン審査カテゴリの最新記事