新生銀行カードローンレイクの審査基準や審査方法、流れを確認

新生銀行カードローンレイクの審査基準や審査方法、流れを確認

レイクは、以前まで『ほのぼのレイク』という消費者金融でしたが、新生銀行に吸収され『新生銀行カードローンレイク』になりました。

レイクは、新生銀行が取り扱っている個人向けのカードローン商品ですが、利用者の中には“銀行カードローン”というイメージがない人も珍しくありません。

そのため、新生銀行カードローンレイクに対して誤った見方をしている人も多く、審査や融資を受ける際に問題が生じてしまうこともあるようです。

レイクは、テレビCMなども頻繁に流れており、『審査に申込してみようかな』と考えている人もいることでしょう。

しかしながら利用する前に一度、新生銀行カードローンレイクの審査がどういったものなのか知っておくと良いです。

今回は、レイクの審査基準や審査にかかる時間、審査の流れなどについてお話していきたいと思います。

新生銀行カードローンレイクの審査基準

スマホと腕時計をチェック

カードローンの審査基準は、どの金融機関も非公開となっているため、新生銀行カードローンレイクも同様に明確な審査基準がわかりません。

しかし貸付条件申込内容を確認すれば、多少は審査基準の目安が見えてきます。では、新生銀行カードローンレイクの貸付条件には、どういったものがあるのでしょうか?

  • 満20歳以上70歳以下の方
  • 安定した収入のある方※パート・アルバイトで収入のある方も可
融資額 1万円~500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0%
利用対象 満20歳~70歳(国内居住の方)
遅延損害金(年率) 20.0%
返済方式 残高スライドリボルビング方式
元利定額リボルビング方式
返済期間・返済回数 5年・60回
※自由返済のため、返済期間・回数は借入および返済計画に応じて変動します。
必要書類 運転免許証等
収入証明書
担保・保証人 不要

新生銀行カードローンレイクでは、こういった貸付条件が設けられています。審査に関わることとしては、最初に記載したこちらです。

  • 満20歳以上70歳以下の方
  • 安定した収入のある方※パート・アルバイトで収入のある方も可

レイクの審査に申込するにあたって必要最低限の条件

『満20歳以上70歳以下の方』『安定した収入のある方』この2つの条件は、新生銀行カードローンレイクの審査に申込するにあたって必要最低限の条件と言えます。

カードローン商品は、基本的に満20歳以上でないと利用することができません。20歳以上で、パート・アルバイトで収入があれば、審査に申込することが可能です。

そして特に大事なのが『安定した収入のある方』です。カードローンを利用するにあたって、審査で重要視されるのは“返済能力の有無”だからです。

レイクの審査に通るには返済能力の高さが重要

ネクタイを締めるサラリーマン

不安定な職業をしている人職を転々としている人は、審査の過程で返済能力が低いと判断される可能性があり、審査では不利になってしまいます。

基本的には、正社員でもアルバイトでも安定継続収入があるなら審査に影響はありません。しかし辞めやすいアルバイトよりは、正社員の方が安定していると考えられます。

そのため、審査時の評価としては、アルバイトよりも正社員の方が高くなる傾向にあります。こういった雇用形態1つを取っても、審査に影響してくることはあるのです。

審査申込時の勤務先情報の入力には注意

申込する際、さまざまな情報を入力することになります。その中の1つとして勤務先情報を入力する項目があります。この情報は、間違いがないように慎重に入力しましょう。

勤務先情報は、新生銀行カードローンレイクにとって、申込者の返済能力の有無を確認するのに直結する情報だからです。

会社名や職種・業種、会社の電話番号、会社の住所など細かく項目が分かれています。この情報を元に、後ほど勤務先へ在籍確認の電話がかかってきます。

そのため、自分を良く見せようと大手企業に勤務しているなど嘘の情報を入力してもバレてしまい、審査に落ちる原因になりますので絶対にやめましょう。

レイクの審査は何時まで申込受付している?

腕時計を見せびらかす人

レイクは、審査の申込方法が何種類かあります。新生銀行カードローンレイクの公式サイトによると、以下の4つの申込方法があるようです。

  • パソコン・スマホ・アプリ
  • 携帯電話
  • 自動契約機
  • 電話

パソコン・スマホ・アプリを利用して申込する場合は、24時間いつでも申込できます。携帯電話での申込は、専用フリーダイヤル(2120-09-09-24)なら24時間申込可能です。 

自動契約機に関しては、受付時間内での対応になります。受付時間は、自動契約機によって異なりますが以下の通りです。

平日・土曜日 8時~24時
日曜日・祝日 8時~22時
毎月第3日曜日 8時~19時

※すでに利用している場合の各種変更手続きは、8時~22時です。

レイクは審査結果の連絡までどれくらいの時間がかかる?

レイクは、審査に申込してから審査結果の連絡までどれくらいの時間がかかるのでしょうか。すぐに審査結果が知りたいという人は、非常に多いと思います。

レイクは、パソコン・スマートフォン・アプリ・携帯電話で申込した場合、申込に必要な情報をきちんと入力すれば、そのまま画面上で審査結果を知ることができます。

ただ注意してほしいのが、この審査結果が画面上に表示されるサービスは、8時10分~21時50分までの間しか利用できません。

サービス時間外または申込内容によっては、メールか電話で連絡がくることもあるので覚えておきましょう。

なかなか審査結果の連絡が来ない時は

例えば、夜間のうちにレイクの審査に申込したのに翌日になっても審査結果が届かないといったことがあった場合どうすれば良いのでしょうか?

こういった時は、レイク公式サイトに『審査状況のご確認』というページがあります。ここで審査状況を確認することができます。

もし確認できない場合は、『お客さま専用フリーダイヤル(0120-09-09-24)』に電話で問い合わせてみてください。

新生銀行カードローンレイクの審査の流れ

電話で話を聞く女性

ここからは、新生銀行カードローンレイクの審査の流れについてお話していきたいと思います。申込から借入までの流れを簡単に紹介していきます。

審査の申込方法は、いくつか種類がありますが、今回は『パソコン・スマートフォン・アプリ』で申込した場合の審査の流れになります。

審査の流れを大きく分けるとこういった感じになります。

  • ①申込
  • ②審査
  • ③契約
  • ④借入

レイクの申込について

まずは、お持ちのパソコン・スマートフォン・アプリからレイクの審査に申込しましょう。申込フォームがあるので、必要事項をすべて入力していきます。

勤務先やお住まいについて入力する項目がありますが、間違いのないように正確に記入してください。申込内容は、審査で重要な情報となります。

ミスがあると『嘘の情報を入力したのでは?』と判断され、審査に悪影響を及ぼす可能性がありますので入力後は間違いがないか一通り確認するようにしてください。

レイクの審査について

申込内容をもとに審査を行なっていきます。審査結果のお知らせ時間内であれば、申込後画面で審査結果を確認することができます。

審査結果のお知らせ時間外だった場合は、申込後に申込完了メールが送られてきます。審査結果のお知らせに関しては、翌営業日にメールで連絡がきます。

いずれの場合も申込内容によっては、電話で連絡がくることもあるので覚えておいてください。

レイクの契約について

審査に通ったら、勤務先に在籍確認の電話などがあります。在籍確認が取れたら、いよいよ契約を進めていきます。

契約には、いくつか必要書類を用意しなければなりません。基本的には、『本人証明書類』『収入証明書類』の2つです。運転免許証源泉徴収票があれば大丈夫です。

また契約方法は、『インターネット(振込)』『自動契約機』の2パターンを選ぶことができます。

来店不要で口座に振込してほしい時は『インターネット』での契約を選択しましょう。その場でカード発行をしてすぐに借入したい場合は『自動契約機』を利用しましょう。

レイクの借入について

レイクの借入方法は、大きく分けて以下の2つあります。

  • 利用者の金融機関口座へ振込
  • レイクATM・提携ATM

普段使っている口座に振込キャッシングで借入することも可能ですし、近くのレイクATMや提携コンビニATMなどを使って借入することが可能です。

【まとめ】Web申込なら申込後すぐ画面上で審査結果がわかる

電話内容についてメモを取る

銀行カードローンは、消費者金融と比較すると審査が厳しい傾向にあるため、審査結果の連絡がくるまで時間がかかる傾向にあります。

しかし新生銀行カードローンレイクの場合、パソコン・スマートフォン・アプリからの申込であれば、申込後に画面で審査結果を確認することができます。

申込フォームに必要事項がすべて入力されていなければいけません。入力漏れがないかしっかりと確認しましょう。

また審査結果のお知らせ時間外だと、申込完了メールが届きます。そして翌営業日に審査結果のお知らせがメールで届きます。

審査結果のお知らせ時間に関しては、以下の通りです。

通常時間帯 8時10分~21時50分
毎月第日曜日 8時10分~19時

あまり時間ギリギリに申込してしまうと、審査結果が翌営業日になってしまう可能性があるので、審査には余裕を持って申込することをおすすめします。

銀行カードローンカテゴリの最新記事