借り換えローンを利用すれば金利を抑えて返済できる!

借り換えローンを利用すれば金利を抑えて返済できる!

銀行や消費者金融が扱うローン商品の中には、「借り換えローン」と呼ばれるものがあります。この借り換えローン、どんな時に使えるのかというと……

  • 利息高すぎて借金減らない……
  • 毎月の返済額もうちょっと抑えたい……
  • 返済総額減らしたい……
  • もうちょっと便利なカードローンに変えたい……

このように利息を減らしたい時や返済負担を抑えたい時に使えます。

つまり今利用しているカードローンから別のカードローンに“借り換える”ことができるのが「借り換えローン」というわけですね。

先ほどのような悩みを抱えている人は、ぜひ借り換えローンを利用してみるべきですが、その前にもう少し借り換えローンについて知っておきましょう。

借り換えローンって何?

困り顔の男性

借り換えローンは、現在利用しているカードローンから、より金利の低いカードローンに借り換えることを言います。

金利が下がれば、その分利息も下がる。利息を抑えることができれば、毎月の返済負担も軽減させることができますよね。

もし「利息が高くて返済が大変!」とか「利息のせいでなかなか元金が減らない!」なんて人は、借り換えローンを利用すると良いでしょう。

もちろん金利を抑える以外にも使い道がある

最近のカードローンは、いろんなサービスの向上が進められているのですが、それでも利用する金融機関によってサービスの良し悪しがあるんですよね。

例えば、大手消費者金融なんかは、スマホ専用のアプリを用意していて、アプリから入出金の手続きができるようになっているので、借入・返済が非常にしやすいです。

しかし中小消費者金融や一部の銀行カードローンは、そこまで対応していないところもあるので、借入・返済に手間がかかるところがあります。

このように今利用しているカードローンが不便だから、もっと利便性の高いカードローンを利用したいという時にも借り換えローンは利用できます。

とはいえほとんどの人は、金利を低くしたいという時に借り換えローンを利用することが多いですね。

借り換えローンにはメリット・デメリットがある

ポイントを指摘する男性

借り換えローンは、利息を減らしたり、より利便性の高いカードローンに借り換えできたりといろんなメリットがあるのですが、同時にデメリットもあります。

では、借り換えローンには、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

借り換えローンのメリット

借り換えローンのメリットはこんな感じです。

借り換えローンのメリット
利息を少なくすることができる
毎月の返済額を減らすことができる
返済総額を少なくすることができる
利便性の高いカードローンを利用できる

返済が大変で困っている人は、借り換えローンを検討してみるのも良いと思いますが、その前にデメリットもしっかりと確認しておきましょう。

借り換えローンのデメリット

借り換えローンのデメリットはこんな感じです。

借り換えローンのデメリット
借り換えローンの審査を受ける必要がある
新規申し込みよりも審査が厳しい
返済総額が増える可能性がある
利用する借り換えローンを選ぶ手間がかかる

借り換えローンを利用することで、基本的には金利が引き下がり返済負担が軽減されるので良いですが、選択するカードローンを謝ると返済総額が増える可能性もあります。

◆借り換えローンを利用して返済額が増えるケース

ちなみに借り換えローンを利用して返済額が増えるケースとは、一体どういったケースなのでしょうか?

よくあるのは、金利は下がったけど返済期間が伸びたというケースですね。毎月の返済負担を減らそうとするあまり、返済期間が長引くと、そのぶん利息も発生してしまいます。

月々の返済額は、できるだけ減らさない方が良いです。むしろ余裕のある月は多めに返済した方が、元金を早く減らすことができ、結果利息も抑えることができます。

借り換えローンで金利はどれくらいお得になる?

スマホを手に取る女の子

実際に借り換えローンを利用する前と利用した後で、金利がどれくらいお得になるのか計算して確かめてみたいと思います。

今使っているカードローン 借り換えローン
金利 18.0% 12.0%
借入残高 30万円 30万円
借入日数 30日間 30日間

今回は、この条件で計算してみましょう。金利が18.0%から12.0%に引き下がることになりますね。返済期間は、同じとします。

今使っているカードローン
30万円×18.0%÷365日×30日間=4,438円
借り換えローン
30万円×12.0%÷365日×30日間=2,958円

4,438円-2,958円=1,480円 なので、およそ1,500円も利息を節約できることになります。今より金利の低いカードローンに借り換えすれば、これだけ利息がお得になります。

返済日数が増えるとどうなる?

例えば、借入日数30日だったのを60日に変えて計算してみましょう。

30万円×12.0%÷365日×60日間=5,917円

何と借り換えローンを利用する前より、金利は下がったものの返済日数が長くなったことで結果的に利息が上がってしまいました。

返済日数が長引くほど、利息は余計にかかってきますので、できるだけ返済は早く終わらせることをおすすめします。

借り換えローンを利用するならアイフルがおすすめ

紹介するリクルートスーツの女性

例えば、消費者金融の場合、借り換えローンを利用するならアイフルがおすすめです。アイフルには、「かりかえMAX」という借り換え専用のローン商品があります。

商品概要
貸付対象者 アイフルを初めて利用する方
満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方でアイフルの基準を満たす方
貸金使途 他社借入金の借り換えのみ
貸付利率 年12.0%~年17.5%
契約限度額又は貸付金額 1万円~500万円

アイフル

他にも借り換えローンが利用できるカードローン

アイフル以外にも、借り換えローンを利用できるカードローンもありますので紹介していきます。

◆アコム

アコム

◆プロミス

プロミス

【まとめ】借り換えローンで金利を下げて返済負担を抑えよう

いいねする女性

借り換えローンは、現在利用しているカードローンからより条件の良いカードローンへ借り換えることを言います。

金利を下げたり、返済負担を抑えたり、より利便性の高いカードローンを利用できたりとさまざまなメリットがあります。

ただ借り換えローンとして選択するカードローンを誤ってしまうと、返済総額が増えてしまうケースもあるので注意が必要です。

返済や利息に悩まされているという人は、ぜひ借り換えローンを検討してみてはいかがでしょうか?

消費者金融カテゴリの最新記事