今すぐお金借りるには?いざという時に慌てない即日融資の方法

今すぐお金借りるには?いざという時に慌てない即日融資の方法

急な出費が必要になることってありますよね。

「給料日前なのにお金がない」とか「飼っている犬が入院することになった」とか「なかなか手に入らない人気商品が再販された」とか……。

人によって「今すぐお金を借りたい!」と思う理由は、さまざまだと思います。でも今すぐお金を借りようと思い立っても、タイミング次第では即日融資が難しいことも。

今回の記事の趣旨は、「スムーズに今すぐお金借りるためにはどうすればいいのか?」という内容になっています。

たぶんこの記事を読んでいる人も、今すぐお金を借りたい人たちだと思いますが、数分で読み切れる記事なので一度じっくり読んでもらえれば!

今すぐお金を借りるなら銀行カードローンより消費者金融

スマホ片手に時計を見る

まずカードローンには、即日融資で対応してくれるところとそうでないところがあります。この場合、即日融資可能なのは消費者金融。そうでないのは銀行カードローンです。

もちろん消費者金融によっては、即日融資非対応のところもあるので、実際に利用するカードローンによりけりといった部分はあります。

基本的には、大手の消費者金融(アコムとかアイフルとかSMBCモビットとかプロミスとか)は、即日融資で対応してくれるところが多いです。

ただ大手消費者金融で今すぐお金借りるためには、審査に申し込みする時間帯に注意が必要。基本的には、14時までに申し込みを済ませておくようにしてください。

消費者金融が即日融資してくれるタイムリミットは平日14時まで

大手消費者金融で即日融資を受ける方法は、大きく分けると2通りあります。

  • 振込キャッシングで即日融資
  • ローンカードでATMから即日融資

この2通りに分けられるのですが、これからお話するのはそのうちの1つ「振込キャッシングで即日融資」を受ける方法です。

振込キャッシングというのは、自分が普段使っている口座にお金を振り込んでもらって、そこからお金を引き出すという借入方法です。

日頃使っているキャッシュカードを使ってお金を引き出すことができることがメリットなのですが、平日の14時までに契約手続きを完了させる必要があります。

というのも銀行の営業時間が基本的に15時までなので、15時を過ぎてしまうと振込手続きができなくなってしまうんですよね。

だから余裕を持って14時までに契約手続きを済ませておけば、15時の銀行の営業終了までに振込キャッシングで即日融資が受けられるというわけです。

じゃあ、「平日の14時なんて仕事中だよ!」という人は、即日融資を受けるのが難しいことになりますよね。この問題を解決してくれるのが、もう一つの方法なんです。

平日14時以降・土日祝に即日融資を受ける方法

平日14時以降や土日祝に即日融資を受ける方法もあるので、平日の昼間は仕事で時間がないという人も安心してください。

ただこの場合は、ローンカードを発行して利用する消費者金融の自社ATMかコンビニなどの提携ATMを利用して借入することになります。

これが2つ目の「ローンカードでATMから即日融資」を受ける方法です。

先ほどの振込キャッシングで即日融資を受ける方法は、直接口座にお金を振り込んでくれるので、ローンカード不要(カードレス)という利点があります。

しかしその分、銀行が振込手続きの対応をしてくれる15時までに諸手続きを済ませなければいけないという時間的な縛りがありました。

ローンカードを発行してATMで即日融資を受ければ、その時間的な縛りはある程度解消できるのですが、ローンカードを常に持っておかなければいけません。

まぁ特に気にしない人なら問題ないのですが、中には財布がかさばるからとか人に見られたら嫌だからとかでカード発行を嫌がる人も少なからずいるんですよね。

少し話が逸れましたが、ローンカードは店舗で受け取ることができます。有人店舗か自動契約機を利用すれば、契約手続き後にその場で発行が可能です。

契約手続きには、本人確認書類(利用限度額によっては収入証明書)が必要になりますので、持参していくようにしましょう。運転免許証があれば大丈夫です。

ローンカードを発行してもらったら、店舗併設のATMや最寄りのコンビニATMに行きましょう。ローンカードを使ってお金を引き出せば、即日融資完了です。

即日融資を受ける時のポイント
事前にWEBから申し込みだけ済ませておけば、店舗での手続きの工数が減って時短できるので、申し込みだけスマホやパソコンから済ませておくことをおすすめします。

今すぐお金借りることができる大手消費者金融はどこ?

いいところどこ?

今すぐお金を借りることができる大手消費者金融は、アコムアイフルSMBCモビットプロミスなどがあります。

消費者金融 金利 利用限度額
アコム 年3.0%~年18.0% 1万円~800万円
アイフル 年4.5%~年18.0% 1,000円~500万円
SMBCモビット 年3.0%~年18.0% 1万円~800万円
プロミス 年4.5%~年17.8% 1万円~500万円

ローンカードで即日融資を受ける場合は、店舗・自動契約機の営業時間に注意してください。※地域によって異なる場合があります。

アコム

消費者金融 カードでの即日融資 振込キャッシングでの即日融資
アコム 22:00までに契約手続きとカード発行 14:30までに契約・振込手続き
※ゆうちょは14:00まで
※楽天銀行は21:00まで

アコムの自動契約機は、基本的に22時まで営業しています。ただ利用する店舗によって営業時間は異なるので、事前に利用する店舗の営業時間は調べておきましょう。

振込キャッシングを利用する場合、ゆうちょ銀行なら14時までがタイムリミットですが、楽天銀行なら21時までと余裕があるのが嬉しいですね。

アイフル

消費者金融 カードでの即日融資 振込キャッシングでの即日融資
アイフル 21:00までに契約手続き開始
※13:00までに契約・振込手続き
13:00までに契約・振込手続き

アイフルは、自動契約機の営業時間が21時までとなっているので、夜しか時間がない人はローンカードを発行して借入しましょう。

振込キャッシングとなると13時までに振込手続きを済ませておく必要があります。余裕を持つことを考えると、早い時間帯に手続きを完了させるのが理想的です。

SMBCモビット

消費者金融 カードでの即日融資 振込キャッシングでの即日融資
SMBCモビット 21:00までに契約手続きとカード発行完了 14:50までに契約・振込手続き・カード発行

モビットの自動契約機は、基本的に21時まで対応可能です。ただ自動契約機に自社ATMが併設されていないので、借入するには最寄りのコンビニまで行く必要があります。

振込キャッシングなら14時50分とギリギリまで対応してくれるようです。とはいえギリギリ過ぎると、審査結果が翌営業日にならないとわからないなんてこともあるので注意。

プロミス

消費者金融 カードでの即日融資 振込キャッシングでの即日融資
プロミス 22:00までに契約手続きとカード発行 14:50までに契約・振込手続き
※三井住友銀行とジャパンネット銀行は22:00まで

プロミスもSMBCモビット同様に14時50分までに振込手続きまで済ませておけば、振込キャッシングで利用できますが、余裕を持ってもう少し早めに済ませておくようにしましょう。

三井住友銀行ジャパンネット銀行の口座を持っている人であれば、22時まで対応可能なので遅い時間帯からでも即日融資が受けられるみたいです。

【おすすめ!】J.Score(ジェイスコア)

ちなみにJ.Score(ジェイスコア)というレンディング(貸付)サービスもおすすめです。基本的には、WEBで契約から借入手続きまで行います。

J.Score(ジェイスコア)は、年0.9%~年1.2%の低金利で利用限度額10万円~1,000万円となっています。

曜日 受付時間 振込実施時間
月~金 0:00~8:10 当日8:10頃
8:10~14:45 即時
14:45~24:00 翌営業日8:10頃
土・日・祝・年末年始 0:00~24:00 翌営業日8:10頃

平日の14時45分までに振込手続きを行えば、即時で振込してもらうことができます。

カードローンは契約だけでも事前にしておくのがおすすめ

ムキムキのいいね

今すぐお金借りる必要がある状況って、割と緊急を要する時だと思うのですが、できれば事前にカードローンの契約だけでも済ませておくと良いですよ。

契約だけ済ませて借入しなければ利息や返済は発生しません。いざという時だけ必要な金額を引き出せばいいというわけです。

今すぐお金を借りたいのに、審査の申し込みをして、結果を待って、書類を用意して、契約の手続きをして……っていろいろ手順を踏むのは面倒ですよね。

事前に契約だけでも済ませておけば、今すぐお金を借りたいと思った時に近くのコンビニATMなどでサッと引き出せばOKなので慌てる必要もありません。

備えあれば憂いなしというヤツですね。

カードローン即日カテゴリの最新記事