アコムの審査基準は?利用前に審査に通る条件を確認しよう

アコムの審査基準は?利用前に審査に通る条件を確認しよう

カードローンを利用するなら、大手消費者金融銀行カードローンを選びたいところですね。その中でも、今すぐキャッシングしたいなら、即日融資対応の消費者金融が良いです。

安心して利用できるのは、やはりアコムプロミスアイフルSMBCモビットといった大手消費者金融ではないでしょうか。

今回は、この大手消費者金融の1つであるアコムの審査についてお話していきます。アコムで借入するにも、まず審査に通過しなければ元も子もないですね。

とはいえ審査に申込さえすれば誰でもキャッシングできるほど、カードローンの審査は甘いものではありません。

アコムの審査に通るためにはどんなことに気をつければいいのか、また審査に落ちるのはどんな人なのかお話していきたいと思います。

アコムの審査基準を確認しよう

パソコンとメモ帳

カードローンの審査では、申込者が融資するに値した人物かどうかを判断するために審査基準というものを設けています。当然アコムも、独自の審査基準を持っています。

しかし残念ながら一般的なカードローン(アコムも)は、審査基準を公開していません。そこで“何が審査で重要視されるのか”の目安になるのが、申込資格や申込項目です。

アコムの審査に申込できる人条件は?

まずは、アコムの審査に申込できる人は、どんな人なのか見てみましょう。アコムの貸付対象者としては、以下のようになっています。

20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方

カードローン商品は、基本的に20歳以上しか利用できないようになっています。重要なのは、『安定した収入と返済能力を有する方』という部分です。

とはいえ、要は月収として安定した収入を毎月得ていれば、この部分はクリアしていると言えます。収入の高さよりも、安定継続して収入を得ているかが重要です。

そのため、たとえアルバイトやパートでも、週5で働いて毎月の収入がある程度一定額であれば、審査に通る可能性は大いにあるということになります。

返済能力の有無を確認できる審査情報は何かを考える

メモを取る人

アコムの審査に申込する上で大切なのは、安定継続収入を得ていて返済能力を有していることです。では、それらを判断するのは何でしょうか?

やはり勤務先情報が大きな判断材料になります。カードローンの申込項目では、どこの金融機関も『勤務先情報』を入力する箇所があります。

  • 会社名
  • 職種・業種
  • 勤続年数
  • 会社規模
  • 年収
  • 役職
  • 雇用形態

項目については、利用する金融機関によって異なると思いますが、上記のような項目が多いです。どう記入するかによって、審査が有利にも不利にもなります。

自分を良く見せようとして、勤続年数や年収などに嘘の情報を記入する人が稀にいます。しかし嘘の情報は見抜かれ、審査に落ちることになるので絶対に辞めましょう。

どんな人が審査に通る?落ちる?

先ほど挙げた『勤務先情報』を元に、どんな人がアコムの審査に通るのか、また落ちるのかを見ていきたいと思います。

もちろん先ほども言ったように、嘘の情報を記入してはいけません。アコムは、審査を行う際、信用情報機関に照会して申込者の信用情報を確認するからです。

それに加えてアコムは、他の金融機関同様に審査の過程で在籍確認の連絡が勤務先にきます。これは、本当にその職場で働いているのかを確認するためです。

在籍確認が取れなければ、当然のことながら審査に通ることはありません。働いていなければ、返済能力がない可能性もありますし、何より勤務先情報を偽ったことで信用できないと判断されるからです。

◆会社名

会社名は、正確に記入することが大切です。一般企業であれば、審査に悪影響を及ぼすことはそうないでしょう。

しかし架空会社だったり何をやっているかわからないような怪しい会社だったりした場合は、審査に影響を及ぼす可能性もあります。

◆職種・業種

こちらも一般的な職種・業種であれば、大きな問題はありません。暴力団などの反社会勢力、集団名義貸しや詐欺グループの会社などは、当然審査で落とされてしまいます。

また水商売やドライバーなどの安定性の低い仕事だと、多少審査に影響することもあるようです。もちろん問題なく審査に通ったケースもあるので、一概には言えません。

◆勤続年数

勤続年数に関しては、長ければ長いほど審査で有利になります。勤続年数が短いと、審査に通って契約した後に仕事を辞めたり転職したりする可能性があります。

そうなると返済が滞るリスクも湧いてきますので、アコムとしては勤続年数が短すぎると審査で落とすこともあるようです。

最低でも1年以上は、同一の勤務先に勤めていると良いです。3年以上働いていれば、審査落ちの要素にはならないと言えるでしょう。

◆会社規模

会社規模に関しては、やはり大きければ大きいほど良いです。上場企業などは、社会的信用も大きいため、アコムとしても融資しやすいと言えます。

反対に2~3人しかいないような小さな企業となってくると、潰れるリスクが多少あるため、審査に落ちる要因の1つとなるかもしれません。

◆年収

年収に関しても、やはり多ければ多いほど良いでしょう。もちろん収入が少なすぎる場合は、返済負担が大きくなって返せなくなる可能性があるので問題になるかもしれません。

しかし収入の多さよりも、安定継続収入を得ていることの方が重要です。年収は、どちらかといえば利用限度額に影響します。

アコムは、消費者金融なので総量規制の対象です。総量規制とは、年収の3分の1以上の貸付を禁止する法律のことを言います。

アコムの利用限度額は最大800万円なので、800万円キャッシングしようと思ったら最低でも年収2,400万円は必要ということになります。

◆役職

役職に関しては、やはり課長や部長といった管理職に就いている方が評価は良くなります。役職者は、高収入を得ているケースが多く、また簡単には仕事を辞めないでしょう。

そういった安定性や返済能力の高さ、社会的信用度などが加味されるので、審査では有利に働くと言えます。

だからといって平社員だと審査に影響を及ぼすというわけではありません。しっかりと安定継続収入を得ているなら、基本的には問題はないでしょう。

◆雇用形態

雇用形態に関しては、やはり正社員の方が安定性は高いと言えます。アルバイトやパートは、正社員と比較するとすぐに辞められるイメージがありますよね。

とはいえパート・アルバイトだと借入できないわけではありません。きちんと働いて安定継続収入を得ているなら、審査に通る可能性は十分にあります。

アコムの審査に申込する前に!やってはいけないリストを確認

パソコンで調べ物をする人

『これをするとアコムの審査で落とされる可能性がある』というポイントがいくつかあります。リストにまとめてみたので、アコムの審査に申込する前に確認してみましょう。

  • 申込時に嘘の情報を記入する
  • 過去に延滞・事故履歴がある
  • 複数他社から借入をしている
  • 短期間に複数他社に申込する
  • 在籍確認の連絡が取れない
  • 利用限度額を必要以上に希望する

利用する金融機関によっては、柔軟に対応してくれるところもありますが、アコムに関しては審査落ちに繋がる可能性のあるポイントですので気をつけましょう。

申込時に嘘の情報を記入する

これは、これまで何度か言っていることなので、説明するまでもないかと思います。申込内容は、信用情報機関やアコムの社内情報システムを介して間違いないか確認されます。

例えば、稀に引っ越し直後の人なんかにあるのですが、申込時には新しい住所を記入したのに運転免許証などの本人確認書類は古い住所のままということがあります。

こういった場合は、事実確認のためアコムから電話連絡などが来ることもあります。その分、審査に時間がかかってしまい、即日融資ができないケースもあるので注意が必要です。

最悪、審査落ちすることもあるので、嘘の情報は絶対に記入しないようにしましょう。また、たとえ故意でなくても審査に影響するケースもあるので入力内容の確認は忘れずに。

過去に延滞・事故履歴がある

過去にカードローンを利用したことがある人は、延滞・事故履歴がないかも確認するようにしてください。

延滞は、2~3ヵ月以上の長期延滞だと履歴に残ります。事故に関しては、債務整理強制解約代位弁済などがあります。

一度、信用情報機関に記録されてしまうと、最長1年~10年間は履歴として残り続けることになります。

記録が残っている間は、アコムの審査に申込しても落ちる可能性が非常に高いです。少なくとも、記録が解消されてから審査に申込したほうが良いでしょう。

複数他社から借入をしている

アコムの審査に申込する以前に、すでに他社から借入しているという人も中にはいると思います。返済に問題がないと判断されれば、審査に通過する可能性もあります。

しかし何社からも借入していて多重債務となっている場合は、返済が困難になる可能性が高く、審査で落とされてしまうでしょう。

まずは、今キャッシングしている分を完済することが大切です。また理想としては、解約してからアコムの審査に申込するのが良いです。

短期間に複数他社に申込する

『一番はやく審査結果が届いたところを利用しよう』と短期間で複数の金融機関にカードローン審査の申込をする人がいます。

しかし短期間に複数他社に申込するのは、『申込ブラック』と言って審査に悪影響をもたらす要素となるのでやめましょう。

信用情報機関には、カードローンに申込した時点で記録されます。短期間に申込履歴が残っていると、アコムは怪しんで審査で落とすというわけです。

在籍確認の連絡が取れない

せっかく審査に通過しても、勤務先への在籍確認の連絡が取れなかった場合、借入することはできません。

在籍確認は、たとえ申込した本人が不在でも別の誰かが代わりに電話を取り、『ただいま席を外しています』と答えれば問題ありません。

しかし稀に『今はいません』といったような微妙な表現をされてしまうと、在籍確認が取れないケースがあるのです。

こういった場合、申込者本人の携帯電話番号に連絡が来ることもありますが、この連絡にも出られなかった場合、契約は取り消しとなってしまうので注意が必要です。

利用限度額を必要以上に希望する

申込項目の中に希望する利用限度額を記入する箇所があります。『どうせならたくさん借入できたほうがいい』と、多めに希望するとかえって審査落ちに繋がることがあります。

アコムは、年収の3分の1以上の借入ができない総量規制の対象という話をしましたよね。希望する利用限度額が年収の3分の1以上だったら、当然貸付できないことになります。

この場合は、利用限度額を引き下げての融資となる可能性もあります。しかし審査に落ちるケースもあるので、必要最低限の利用限度額を希望するようにしましょう。

【まとめ】アコムの審査は通る・落ちる条件を確認して申込

神妙な面持ちでパソコンを見る女性

アコムでキャッシングしたいと考えている人は、審査に申込する前にまず『審査に通る人・落ちる人の条件』を確認してから申込するようにしましょう。

アコムは、即日融資に対応していることが魅力の1つですが、急ぐあまり闇雲に申込しても審査で落ちてしまうかもしれません。

信用情報機関には、カードローンに申込した時点で記録に残ります。それで審査に落ちてしまえば、別のカードローンに申込する際に不利になる可能性があります。

ですからカードローンは、できれば一発で審査に通るのが理想的というわけですね。そのためにも、審査に通る人・落ちる人の条件や特徴を知っておくと良いです。

今回ご紹介したことを確認してみて、申込時に不利になりそうな箇所があれば、できる範囲で改善してから申込すると審査に通過する可能性も上がると思いますよ。

消費者金融カテゴリの最新記事